東京工業大学・小宮健助教の成果が日経産業新聞に掲載されました

東京工業大学・小宮健助教がDNAコンピューティングの基礎技術として開発を進めている「シグナルDNA増幅反応」の成果について、12月1日付け日経産業新聞で紹介されました。

日刊工業新聞で分子ロボティクスの技術が紹介されました

2016年10月31日付け日刊工業新聞「深層断面」欄で、分子ロボティクス研究が取り上げられました。今年のノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に関する研究業績をたたえ、フランスのジャンピエール・ソバージュ(Jean-Pierre Sauvage)、英国のJ・フレーザー・ストッダート(J Fraser Stoddart)、オランダのバーナード・フェリンガ(Bernard Feringa)の3氏に授与されましたが、その源流は日本にある、と紹介されています。

イラストをクリックすると記事をご覧になれます↓
oct31_nikkankogyo

  • 分子ロボット倫理

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2016年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • その他