松浦和則教授(鳥取大学)第33回 日本化学会学術賞を受賞

投稿日:2016/01/18

松浦和則教授(鳥取大学 大学院工学研究院・C01班)が、 「生体分子認識 に基づいた機能性バイオマテリアルの創成」に関する研究業績により、日本化学会より、第33回 日本化学会 学術賞を受賞することが決定しました。日本化学会は会員数約3万名の学会であり、「学術賞」は、化学の基礎または応用のそれぞれの分野において先導的・開拓的な研究業績をあげた者で、優れた業績をあげた日本化学会会員に授与されるものです。授賞式は日本化学会第96春季年会会期中の3月26日に同志社大学にて行なわれる予定です。

  • 分子ロボット倫理

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2016年1月
    « 12月   2月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • その他