BIOMOD JAPAN2017

BIOMOD (International Bio-molecular Design Competition) は,大学生が生体分子をナノスケールで制御するための技術を習得し,その成果を競う国際競技会です. 学生達はチームを構成し,夏の期間に生体分子からなるシステムを設計,構築,解析する必要があります.競技会では,生体分子ロボット,生体分子による論理演算や計算,構造ナノバイオテクノロジーなどの分野に焦点をあてていますが,これらの分野のみに限定はしていません.2017年大会(Jamboree)は,カリフォルニア大学サンフランシスコ校にて11月4日(土)-5日(日)にて開催され、参加チームは研究成果に関する10分のプレゼンテーションを英語で行います.さらに,各チームは,成果の概要をまとめた3分間のYoutubeビデオと,実施したプロジェクトの目的,データ,結果の詳細を記述したwebページを期限までに提出することが要求されます.これらの提出物とプレゼンテーションを評価することによって,賞が決定されます.

今年でBIOMODは7回目の開催になります.過去の開催において,日本から参加した学生チームは輝かしい成果を挙げています.昨年度の成績は次のリンクをご覧ください.
*BIOMOD2016の結果(東北大チーム“Team Sendai”が総合2位)

BIOMODの前哨戦として,毎年夏休み期間中に日本大会を開催しております.2016年の日本大会には6チームが参加し, 各チームの特色や本大会に向けての課題が発見できる大会となりました. 2016年の日本大会の結果はこちらから確認できます.

2017年も日本大会を下記の通り開催します.各チームの日本大会での発表および事前に作成した英語のwebページは,本番と同じ基準で評価されます.発表および質疑応答は全て英語で実施され,発表時間は1チーム20分(発表10分,質疑8分,交代2分)です.
日時:2017年9月2日(土)
場所:大阪大学 豊中キャンパス
基礎工学国際棟 シグマ・ホール

◆BIOMOD JAPAN2017 プログラム
13:00-13:05 開会
13:05-13:10 スケジュール,ルール説明
13:10-13:30 プレゼン1(東北大学)
13:30-13:50 プレゼン2 (大阪大学)
13:50-14:00 休憩
14:00-14:20 プレゼン3(関西大学)
14:20-14:40 プレゼン4 (東京大学)
14:40-15:00 プレゼン5 (九州工業大学)
15:00-15:20 休憩および採点
15:20-15:30 集合写真
15:30-16:00 ELSI(倫理)講義
16:00-16:10 表彰
16:10-16:20 総評
16:20 閉会、解散
17:00(予定) 学生懇親会(ノンアルコール)・メンター親睦会


日本大会の出場チームとそれぞれのアブストラクトおよびwebページは以下の通りです.

大学 チーム名 アブストラクト Web
Tohoku University Team Sendai PDF wiki
Osaka University Team Osaka PDF wiki
Kansai University Team Kansai PDF wiki
The University of Tokyo Team UT-Komaba Project PDF wiki
Kyushu Institute of Technology YOKABIO PDF wiki

関連記事
BIOMOD2016日本大会結果 
BIOMOD2016日本大会当日の様子
BIOMOD2015日本大会結果
BIOMOD2014日本大会
BIOMOD2013日本大会

  • ハイライト

  • イベントリスト

    9月2日(土)
    BIOMOD JAPAN2017
    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • Twitter

  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • その他