BIOMOD JAPAN 2018 開催のお知らせ(7/30 updated)

分子ロボティクス研究会は,本年もBIOMOD JAPAN 2018を開催します.
(7月30日青字部分を追加いたしました)

サンフランシスコで開かれるBIOMODジャンボリーに向けた発表練習をしたいチーム,他チームのメンター達からの意見をもらってプロジェクトをブラッシュアップしたいチームのみなさんは、どうぞぜひこの機会を利用してください.BIOMOD JAPAN2018には,BIOMOD2018に出場予定、あるいは出場エントリーしたが出場枠が得られたなかったチームが参加することができます.参加費は無料です.
◆日時:2018年8月26日(日) 1300-1700ころ
◆場所:大阪大学 豊中キャンパス シグマホール(Sigma Hall (No. 27 “Hall”))
BIOMODジャンボリーと同様の基準で、発表およびWikiの内容に対して、メンターによる評価が行われます.You Tubeは評価対象ではありません.評価結果は参加チームにフィードバックされます.
◆発表時間:10分,質疑5分
◆アブストラクト〆切り: 2018年8月4日(土)24:00
注)アブストラクトは本大会と同じ条件(英語でMax 150 words)にて提出してください
◆Wikiフリーズ: 2018年8月18日(土)24:00
◆配点: Wiki  50点,発表 25点(評価項目の詳細は本選と同じ)
◆YouTube以外の項目について,本大会と同じ基準で評価します.
◆評価成績に応じてサンフランシスコで開かれる本大会への渡航費を支援します.
◆WikiにELSI(倫理)のページ(英語)を設けることを参加要件とします.
補足資料参照)
◆申込先:Akinori Kuzuya
Email: kuzuya[at]kansai-u.ac.jp
(すでに申し込んだチームは不要です.)
申込メールには、チーム名,連絡先,メンター名を明記してください.
◆この他の詳細については,こちらの新学術HP
http://www.molecular-robotics.org/で順次お知らせします.

Call for Participation ~ BIOMOD JAPAN 2018

Molecular Robotics Research Group will hold BIOMOD JAPAN 2018 this summer again. This is a one-day meeting for teams who want to practice their presentation ahead of BIOMOD Jamboree. Please use this opportunity to brush up your project by receiving opinions from mentors of other teams. Teams planning to participate in BIOMOD 2018 or teams in the waiting list for BIOMOD 2019 are all eligible. The participation fee is totally free.
◆Date: August 26, 2018 (Sunday) 1300-1700
◆Place: Osaka University Toyonaka Campus Sigma Hall (Sigma Hall (No. 27 “Hall”))
On the basis of the same criteria of BIOMOD, contents of presentation and wiki will be evaluated by real mentors. YouTube video is not a subject to evaluation. The results will be fed back to participating teams.
◆Presentation time: 10 minutes with 5 minutes Q & A
◆Project abstract(Max 150 words) deadline: Saturday, August 4, 2018, 24:00
◆Wiki Freeze: Saturday, August 18, 2018, 24:00
◆Evaluation: 50 points for wiki and 25 points for presentation
(just as BIOMOD Jamboree except for YouTube video)
◆Application to BIOMOD JAPAN should be sent to :
Prof. Dr. Akinori Kuzuya, Kansai University
Email: kuzuya[at]kansai-u.ac.jp
Please specify names of the team, contact person, and the mentor(s).
(Invited teams and those applied already do not have to do so again.)

関西大学化学生命工学部知能分子学研究室

=============
補足資料)

BIOMODのWIKIページへのELSI記載について

小長谷明彦(東工大)

近年、分子ロボティクスの研究が盛んになるにつれ、分子ロボティクスが人類に及ぼす影響に対する関心が高まっています。分子ロボットが社会に受容されるためには、法律ならびに研究倫理に則り、分子ロボットの安全性や有用性を正しく社会に伝える必要があります。そこで、BIOMOD国内大会においては、各参加チームのWIKIに、各チームのプロジェクトについて、法律・倫理・社会的課題(ELSI)の観点からの考察・記述を加えていただくこととします。

具体的には、
経済産業省委託事業平成25年度環境対応技術開発等(バイオインダストリー安全対策事業)報告書における「合成生物学の法規制のあり方に関する調査研究(178-199ページ)」を参考にして、199頁の「表-1合成生物学研究における検討課題(試案)」の研究領域・区分のどこに該当するか(該当しない場合は新規に区分を分子ロボットとする)を明記し、懸念事項について、もし該当するものがあれば、それを明記してください。

Wikiの書き方については、iGEMでのELSIの頁を参考にしてください。
http://2013.igem.org/Team:UGent/Ethics
http://2014.igem.org/Team:UiOslo_Norway/Safety/Ethics
http://2015.igem.org/Team:Bordeaux/ethics

=============

大阪大学多田隈助教、京都大学遠藤特定准教授らが、集積型転写ナノチップを創成

大阪大学・蛋白質研究所・多田隈尚史助教、東京大学大学院新領域創成科学研究 科上田卓也教授、増渕岳也大学院生(現:東京大学定量研究所・プロジェクト研究員)、京都大学・理学部化学科・遠藤政幸特定准教授らは、遺伝子回路の集積化に世界で初めて成功しました。
この成果は、2018年4月23日(英国時間)に国際科学雑誌「Nature Nanotechnology」オンライン版に掲載されました。
大阪大学プレスリリース
日刊工業新聞(2018.7.24 34面)

【論文情報】
タイトル: Construction of integrated gene logic-chip.
著者名: Masubuchi T, *Endo M, Iizuka R, Iguchi A, Yoon DH, Sekiguchi, T Qi H, Iinuma R, Miyazono Y, Shoji S, Funatsu T, *Sugiyama H, Harada Y, *Ueda T, *Tadakuma H.
掲載誌: Nature Nanotechnology
Published online 23 July 2018
doi: 10.1038/s41565-018-0202-3

東京農工大川野研と甲南大臼井研との膜透過ペプチドに関する共同研究成果がAnalystに掲載されInside front coverに採用されました

東京農工大学川野研と甲南大学臼井研との共同研究で、脂質二分子膜に孔を開ける、または膜を透過するペプチドに関し、膜電流計測からそれぞれの機構について観測する手法を開発しました。今後リポソーム型分子ロボットから特定の物質を自発的に分泌するペプチドシステムの構築につなげたいと考えています。

論文情報
タイトル:Channel current analysis estimates the pore-formation and the penetration of transmembrane peptides
著 者:Yusuke Sekiya, Shungo Sakashita, Keisuke Shimizu, Kenji Usui and Ryuji Kawano​
​掲載誌:Analyst


北海道大学角五准教授、関西大学葛谷教授らの成果が「月刊化学」の表紙に掲載されました

月刊化学2018年6月号に、2月の「群のように振る舞う分子ロボット」論文に関する解説記事が掲載されました。

表紙も飾っています。

名古屋大学瀧口講師らの研究成果がChemBioChem誌の表紙に掲載されました

名古屋大学大学院理学研究科の 田中 駿介 博士前期課程2 年、林 真人 研究員、瀧口 金吾 講師、同志社大学生命医科学部の 中谷 真規 大学院生、作田 浩輝 大学院生、吉川 研一教授、三重大学大学院工学研究科の 湊元 幹太 准教授らの共同研究グループは、数種類の高分子が混雑する溶液の中で、高分子同士が分離を起こして細胞サイズの微小な液滴を形成する条件の下、2 つの異なる天然の高分子(ポリマー)であるDNA とアクチン線維が液滴の内部に自発的に局在化し、細胞内の構造に似た区画化が起きることを明らかにしました。
その成果をまとめた論文が、国際科学雑誌ChemBioChem 誌のオンライン版に2018 年4 月19 日付けで公開されましたが、この度、Very Important Paper の1 つに選ばれ、研究内容を紹介するイラストがChemBioChem 誌の2018 年19 巻13 号の表紙に掲載されます。

雑誌名:
ChemBioChem 2018, 19 (13), 1370-1374.
論文タイトル:
“Specific Spatial Localization of Actin and DNA in a Water/Water
Microdroplet: Self-Emergence of a Cell-Like Structure.”
著者:
Naoki Nakatani, Hiroki Sakuta, Masahito Hayashi, Shunsuke Tanaka, Kingo
Takiguchi, Kanta Tsumoto, Kenichi Yoshikawa.
論文本文DOI:10.1002/cbic.201800066
雑誌表紙DOI:10.1002/cbic.201800297

論文の詳細:
・数種類の高分子が混雑する溶液の中で、高分子同士が分離を起こして細胞サイズの微小な液滴を形成する条件の下、DNAとアクチン線維が液滴の内部に自発的に局在化し、細胞内の構造に似た重層的な区画化を起こすことが見出されました。
・この発見によって、水溶液内で微小で重層的な区画化構造が形成され、維持されていく機構、即ち、細胞内における細胞内小器官の形成や膜によって隔てられていない構造が生み出される仕組みの起源の一旦が明らかになりました。
・細胞内の高度な組織化がどのような機構で行われているのかは不明でしたが、本研究結果は、細胞内の混雑環境が細胞内小器官を含む細胞の自己組織化を創り出す要因となっていることを示しました。
・ DNAもアクチン線維も、分子ロボットの構築に利用される天然生体高分子です。従って、今回見出された液液相分離系を介した高度な高分子の局在化が、分子ロボティクスの発展に貢献することが期待されます。
・ 特に、本研究で用いられたどの高分子、PEGやDEX、DNA、アクチン線維も、特異的な相互作用を互いに示さないことが挙げられます。このことは、生化学的な結合を想定するこれまでの仮説には無い特徴であり、非常に重要です。
これらの知見は、濃厚環境での生体高分子の在り様、細胞内に観察されるような重層的に区画された領域の形成や細胞内小器官の形成、特に膜によって隔てられていない構造の起源の一旦を明らかにした成果です。

名古屋大学の記事はこちら

  • ハイライト

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • その他