細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNA ナノマシン」の構築

投稿日:2017/09/18

京都大学CiRA未来生命科学開拓部門、齊藤博英教授らのグループは、タンパク質と相互作用できるRNAからなる機能性ナノ構造体、「RNAナノマシン」を構築し、 生きた細胞内でRNAナノマシンが機能して細胞の運命決定を操作できることを確認しました。

この研究成果は 2017年 9月 14日午前10時(英国時間:日本時間 9月14日午後6時)に英国科学誌 「Nature Communications」でオンライン公開されました。

京都大学iPS細胞研究所プレスリリース

Protein-driven RNA nanostructured devices that function in vitro and control mammalian cell fate

  • ハイライト

  • イベントリスト

  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • Twitter

  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2017年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • その他