東京農工大学川野研、東京工業大学瀧ノ上研の共同研究の成果が、ACS Synthetic Biology誌に掲載されました

投稿日:2017/05/17

DNA分子を用いて計算を行うDNAコンピューティングの計算結果である出力分子をナノポアと呼ばれるチャネル型の膜タンパク質により、電気情報として検出することに成功しました。分子の情報を電気情報に変換可能なことから、分子ロボットとエレクトロニクスデバイスの融合に繋がる結果となりました。今後、分子ロボットの感覚器としての応用が期待されます。

本研究成果は、ACS Synthetic Biology(電子版4月17日付just accepted in ACS)に掲載されました。
ACS Synthetic Biology(電子版4月17日付just accepted in ACS)
論文名: Nanopore Logic Operation with DNA to RNA Transcription in a Droplet System
著 者: Masayuki Ohara, Masahiro Takinoue, Ryuji Kawano

東京農工大プレスリリース

  • ハイライト

  • イベントリスト

    2017年予定
    7月15日(土)最終公開シンポジウム(東京大学伊藤国際学術研究センター)
    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • Twitter

  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • その他