分子ロボティクスシンポジウム2016

分子ロボティクスシンポジウム2016を、下記のとおり開催いたします。

日 程
10月25日(火)14:00-17:30
10月26日(水)14:00-17:30
場 所
タワーホール船堀 小ホール(東京都,江戸川区)
主 催
新学術領域研究「分子ロボティクス」
共 催
CBI学会
世話人
小長谷明彦(東京工業大学)
参加費
無料 (どなたでもご参加いただけます)

【プログラム】
◆10月25日(火)
14:00-14:30 萩谷昌己(東京大学):「開会の辞」および「分子ロボティクス:その成果のかたち
14:30-15:00 安永正浩 (国立がん研究センター):「抗体DDS」
15:00-15:30 西山伸宏 (東京工業大学):「精密合成高分子材料を基盤するがん診断・治療ナノマシンの創製」
16:00-16:30 村上達也(富山県立大学), Hyungjin Kim, 中辻博貴, 福田亮介,延山知弘,杉山弘,今堀博 (京都大学):「リポ蛋白質によるDDS」
16:30-17:00 瀧ノ上正浩(東京工業大学):「マイクロ液滴の生物物理学による細胞型DNA分子ロボット
17:00-17:30 佐藤 佑介 (東北大学), 平塚祐一 (JAIST), 川又生吹, 村田智,○ 野村 M. 慎一郎(東北大学):「アメーバ型分子ロボット」
◆10月26日(水)
14:00-14:45 浅田 稔 (大阪大学):「マイクロダイナミクスから社会的相互作用に至る過程の理解と構築に基づく未来AI・ロボット」
14:45-15:30 川合知二 (大阪大学):「バイオナノ工学からの分子ロボットへの期待」
16:00-16:45 中島秀之(東京大学):「知能の作り方」
16:45-16:50 関根 久プロジェクトマネージャ(NEDO) : 来賓ご挨拶
16:50-17:20 小長谷明彦(東京工業大学):「アメーバ型分子ロボットから分子人工筋肉へ」
17:20-17:30 山本 拓(関西大学):「関西大学イノベーション創生センターについて
18:30-20:30 懇親会(2階「瑞雲」にて18:30より:懇親会費(当日支払5000円)は別途CBI2016年大会受付にてお支払いください)
◆ポスター発表 (1階CBI学会2016年大会ポスター会場)
◆PDFチラシは、こちらからダウンロードできます
◆詳細なプログラムおよび各講演のアブストラクトはこちらをご覧ください。
◆事前の参加登録は、終了いたしました。

第62回SIGMBI: 分子ロボティクスとマテリアルインテリジェンス

第62回SIGMBI: 分子ロボティクスとマテリアルインテリジェンス(協賛: SIGNAC)開催のお知らせ
日時:2016年11月12日(土)
場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎
(プログラムのアブストラクトはこちらをご覧ください)

午前セッション:分子ロボティクスとその知能

10:00~10:30
小長谷明彦(東工大)「分子ロボティクスの現状と今後の展開について」
10:30~11:00
菅原研(東北学院大)「分子ロボティクスの新パラダイム」
11:00~11:30
鈴木泰博(名大)「学習する化学反応系について」
11:30~12:00
丸中愉太(東大)・萩谷昌己(東大)・大下福仁(奈良先端大)「群知能を用いた経路探索による機械学習」

午後セッション:マテリアルインテリジェンス — ものに宿る知能

14:30~15:15
堀尾喜彦(東北大)「脳型コンピュータハードウェアの動向と課題」
15:15~16:00
川又生吹(東北大)・礒川悌次郎(兵庫県立大)・Ferdinand Peper(NICT)「計算を行うゲルオートマトンの実現にむけて」
16:15~17:00
中嶋浩平(京大)「Physical reservoir computing for soft robots」
17:00~17:30
成瀬誠(NICT)「フォトニック知能:意思決定を実現する極限光技術の創造」
17:30~18:00
金成主(NIMS)「自然知能:新たな物理的計算能力の活用」

角五 彰(北海道大学准教授)高分子学会学術賞を受賞

角五 彰(北海道大学准教授)が、平成28年度高分子学会学術賞を受賞いたしました。

タイトルは「生体分子モーターを用いた動的自己組織化に関する研究」です。

MEMS SENSING & NETWORK SYSTEM 2016

来る9月14日(水)~16日(金)パシフィコ横浜にて開催される「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2016」において、分子ロボティクスブースを出展いたします。

フロアレイアウトは、こちらをご参照ください。L-9番ブースに展開いたします。

また、最終日16日(金)には、展示ホール内特設会場にて「出展者プレゼンテーション」が開催され、14時50分より東京工業大学情報理工学院 小長谷明彦教授が「分子ロボティクス:新たなるロボットの可能性について」と題して講演をおこないます。入場無料ですので、こちらにもどうぞおいでください。

ニュースレター18号発行いたしました

8月31日付けにて、ニュースレター18号を発行いたしました。
巻頭言は、九州大学山下雅史教授です。

NLNo.18yamashitasensei

私は、計算機科学、その中でも理論計算機科学に属していて、計算機ネットワーク上の分散システムを主要な研究対象とする分散計算を専門としていると認識されてきた(と私は思っている)。確かに、何を勉強して来たのかと問われると、分散システムの理論であり、どのような分散システムかと問われると、インターネットに代表される、計算機ネットワークがその主要な対象になっているのだが、振り返って見ると(来年3月で退職するので、そろそろ過去を振り返って回想に耽っても良いだろう)、計算(computing)という枠組みとは離れた場所で藻掻いてきた。例えば、2台の名前を持たないロボットを同じ場所に移動させる(分散型の)制御アルゴリズムを検討し、ロボットがメモリを持たないときにはこの問題が非可解であると証明したが、ここでの非可解性は、チューリング計算可能な制御アルゴリズムが存在しないという「弱い」意味での非可解性ではなく、アルゴリズムに対応するチューリング計算不可能な一般の関数ですら存在しないという「強い」意味での非可解性である。また、アルゴリズムの存在性にしても、チューリング計算可能な関数であることに余り拘泥して来なかった(ために、当然ながら、理論計算機科学関連の会議では分野外と判定されたことがあった)。
こういう無謀な試みをしてきた理由は、ほとんどの分散システムは自然由来で、このような自然由来の分散システムも人工の分散システムと「分散されている」という問題点を共有しているに違いなく、このような問題点とその解決方法は検討と理解に値すると考えており、この立場から分散システムを検討する際には、チューリング計算可能性という制約が本質的ではないように思われたからである。実際に、複数の物体がニュートン力学に従って移動するとき、それらが行く先を「計算」しているとは思えない。そこで、チューリング計算可能性とは独立に成立する分散システムの理論の構築を目指してきた。
本新学術領域研究には知能班の一員として参加させて頂き、いくつかの興味ある分散問題を発見し、問題解決の可能性とその限界を、上記の立場から(チューリング計算可能性に拘らずに)検討して来た。これらは与えられた分子ロボットモデルの下での検討であって、高い能力を持つ分子ロボットの製作には寄与していない。しかし、製作された分子ロボットによって実現可能なシステムを予見する、すなわち製作の目的を明確にするためには、このような研究が不可欠であるので、そのために努力しているとご理解を頂き、力の足りない点はご容赦頂きたい。

BIOMOD2016日本大会画像をUPしました

8月28日に開催された「BIOMOD2016日本大会」に於る各チームの発表の様子をお伝えいたします。
Group_photo_S

プレゼン1 九州工業大学 YOKABIO
Presentation_1_YOKABIO_S

プレゼン2 関西大学 Team Kansai
Presentation_2_Team_Kansai_S

プレゼン3 東京大学・駒場 Team UT-Komaba DNAnet
Presentation_3_Team_UT-Komaba_DNAnet_S

プレゼン4 東北大学 Team Sendai
Presentation_4_Team_Sendai_S

プレゼン5 大阪大学 Team Osaka
Presentation_5_Team_Osaka_S

プレゼン6 東京大学・駒場 Team UT-Komaba knot
Presentation_6_Team_UT-Komaba_knot_S

1位チーム駒場(Team UT-Komaba DNAnet) BIOMOD2016 日本大会結果

BIOMOD2016日本大会が、2016年8月28日(日) 東京大学 弥生キャンパス I-REF棟にて開催されました。
結果は以下の通りです。
1位、東京大学、Team UT-Komaba (DNAnet)
2位、九州工業大学、YOKABIO
3位、東北大学、Team Sendai
4位、関西大学、Team Kansai

当日のプログラム、参加チームの発表内容は、 こちらをご覧ください。

  • 分子ロボット倫理

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2016年9月
    « 8月   10月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • その他