nanotech2016展示 2016年1月27-29日 於国際展示場(東京ビッグサイト)

nanotech 2016において新学術領域研究「分子ロボティクス」のブースを展示します

2016年1月27-29日東京ビッグサイト 東4~6ホール&会議棟で開催されるnanotech 2016において、新学術領域研究「分子ロボティクス」のブースが出展されます。これまでの研究成果を披露しますので是非ともお越しください。

http://www.nanotechexpo.jp/main/outline.html

ブース展示:6P-17 新学術領域研究「分子ロボティクス」

東6ホール Robotics コーナー

講演:メインシアター

1月27日(水) 11:00-11:30

斎藤博英(京大) 「哺乳類合成生物学と分子ロボティクスの未来」
keikaku齊藤先生

1月29日(金) 10:30-11:15

小長谷明彦(東工大) 「生体分子による感覚と知能を備えた人工物の創成を目指して」
keikaku小長谷先生

http://www.nanotechexpo.jp/main/conference_seminar_schedule2016.html

 

記念グッズのマグネットをお持ち帰りいただけます

(個数に制限があります(先着順)。美味しそうに見えますが、食べ物ではありません。)
IMG_1342a

臼井健二(甲南大学講師)日本ペプチド学会奨励賞 を受賞

臼井(うすい) 健二(けんじ)(甲南大学フロンティアサイエンス学部 講師)が、平成27年度日本ペプチド学会奨励賞を受賞しました。
受賞の対象となった研究テーマは、「二次構造を形成する設計ペプチドを用いたナノバイオ工学への展開研究」です。
受賞式は、平成27年11月17日(火)13時より、第52回ペプチド討論会(11月16日-11月18日平塚中央公民館(神奈川県平塚市))における総会にて執り行われました。

松浦和則教授(鳥取大学)第33回 日本化学会学術賞を受賞

松浦和則教授(鳥取大学 大学院工学研究院・C01班)が、 「生体分子認識 に基づいた機能性バイオマテリアルの創成」に関する研究業績により、日本化学会より、第33回 日本化学会 学術賞を受賞することが決定しました。日本化学会は会員数約3万名の学会であり、「学術賞」は、化学の基礎または応用のそれぞれの分野において先導的・開拓的な研究業績をあげた者で、優れた業績をあげた日本化学会会員に授与されるものです。授賞式は日本化学会第96春季年会会期中の3月26日に同志社大学にて行なわれる予定です。

平成28年1月定例会(京都)プログラム更新いたしました

平成28年1月23日(土)分子ロボティクス研究会定例会のプログラムが決まりました。(2016年1月6日更新)

 

 

  • 分子ロボット倫理

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2016年1月
    « 12月   2月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • その他