日本応用数理学会ベストオーサー賞受賞!

青木康憲博士(Uppsala大学)、速水謙教授(国立情報学研究所)、小長谷明彦教授(東京工業大学)が、本年度の日本応用数理学会ベストオーサー賞 を受賞した。

対象論文は、同学会の学会誌「応用数理」2014年24巻4号 pp.7-15  に掲載された論文「劣決定逆問題に対するCluster Newton法とその薬物動態モデルへの応用」である。

表彰式は9月9日に金沢大学で開催された同学会の2015年度年会  において行われた。

BIOMOD2015日本大会画像をUPしました

9月5日に開催されたBIOMOD2015日本大会に於る各チームの発表の様子をお伝えいたします。
zentai

プレゼン1 関西大学 Team Kansai
Team_Kansai

プレゼン2 九州工業大学 YOKABIO
Team_Kyutech

プレゼン3 お茶の水女子大学 Team Ochanomizu
Team_Ochanomizu

プレゼン4 東京大学・駒場 Team UT-Komaba
Team_UT-Komaba

プレゼン5 筑波大学 Team Tsukuba
Team_Tsukuba

プレゼン6 東北大学 Team Sendai
Team_Sendai

プレゼン7 北海道大学 Team Hokudai
Team_Hokudai

1位チーム仙台、BIOMOD2015 日本大会結果

BIOMOD2015日本大会が、2015年9月5日(土) 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホールにて開催されました。
結果は以下の通りです。
1位、東北大学、チーム仙台
2位、北海道大学、チーム北大
3位、九州工業大学、チームKyutech
4位、関西大学、チーム関西

当日のプログラム、参加チームの発表内容は、こちらをご覧ください。

New Generation Computing誌において分子ロボティクス特集を掲載

Journal of New Generation Computing (Ohmsha, Ltd. and Springer)において
分子ロボティクス関連の論文が5本掲載されました。

Ken Komiya, Masayuki Yamamura:
Cascading DNA Generation Reaction for Controlling DNA Nanomachines at a Physiological Temperature

Nathanaël Aubert-Kato:
A Specialized Tri-species Comparator for the DNA PEN Toolbox

Yuexing Han , Akito Hara, Akinori Kuzuya, Ryosuke Watanabe, Yuichi Ohya, Akihiko Konagaya:
Automatic Recognition of DNA Pliers in Atomic Force Microscopy Images

Nataša Jonoska , Daria Karpenko, Shinnosuke Seki:
Dynamic Simulation of 1D Cellular Automata in the Active aTAM

Masashi Mori, Teijiro Isokawa, Ferdinand Peper, Nobuyuki Matsui:
Swarm Networks in Brownian Environments

  • 分子ロボット倫理

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2015年9月
    « 8月   10月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • その他