分子ロボティクス研究会 1月

下記の通り分子ロボティクス研究会を開催いたします.(この案内のpdf版

主催 分子ロボティクス研究会
共催 産業技術総合研究所
日時 1 月 17 日 13:00 受付開始 13:30 講演開始
場所 産業技術総合研究所 つくば中央第1事業所 共用講堂1階 中会議室
住所 〒305-8561 茨城県つくば市東1-1 中央第1
アクセス こちらをご覧ください

<参加費>無料

<プログラム>
1.「新学術領域・分子ロボティクスの紹介」(13:30-13:40)
村田 智 氏(東北大学 教授、分子ロボティクス研究会 主査)
2.「非同期セルオートマトンを基盤とした回路再構成可能なナノコンピュータモデル」(13:40-14:10)
礒川 悌次郎 氏(兵庫県立大学准教授)
セルオートマトンとは,セルと呼ばれる単純な機械が格子状に配列された構造を持つ計算モデルであり,計算可能性理論やシミュレーションの分野において用いられている.分子の自己組織化現象あるいはEUVリソグラフィ技術などにより,分子や原子規模の規則的な構造を作製することが可能となってきており,そのような構造を用いて計算デバイスを構成する方法の一つとしてセルオートマトンが有用であると考えられる.本発表では,我々がこれまでに提案・構築を行ってきたセルオートマトンに基づく計算モデルを紹介する.また,現実の分子デバイス系から演算機構を構成した例についても紹介する。
3.「非平衡循環系からやわらかいロボットへ」(14:15-14:45)
山口 智彦 氏(産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門長)
研究のあり方の一つに構成的アプローチがある。生命をより深く知るために、あるいはソフトマテリアルのさらなる可能性を探るために、ソフトマター・ベースのロボット(のようなもの)を構成してみたい。そのためには、位相の出現や引き込みを可能にする「循環」という動的な可逆性をシステムに付与する必要がある。この難問を一緒に議論していただければ幸いです。
4.「手で動かすことのできる分子マシン」(15:00-15:50) 招待講演
有賀 克彦 氏(物質・材料研究機構 WPI-MANA 主任研究者)
技術の汎用化のためには、いかに難しい技術を開発するかではなく、より簡単な動作で高度な機能を達成するという方法論の確立が必須である。二次元の界面では、より簡単な力学刺激をナノ・分子レベルの現象に反映することができる。これを利用し、手動で分子マシンを駆動して特定の分子を捕捉するなどの機能を達成した。
5.「分子レベルでの情報伝達を利用した機能性分子・超分子の構築」(15:55-16:45) 招待講演
鍋島 達弥 氏(筑波大学 教授)
生体内において、分子レベルの情報伝達による機能制御は生命を維持するのに重要な役割を果たしている。近年この精密制御の人工系への応用が注目され盛んに研究されるようになった。本講演では協同的・応答的な機能をもつマルチメタル超分子系を中心に発表する。

<参加申込方法>
メイルタイトルに「分子ロボティクス研究会」と表記し、氏名、勤務先、連絡先を明記のうえ、平成26年1月14日(火)までに、世話人宛て電子メールでお申し込みください。

<ミキサー>
講演会終了後、実費でのミキサーを予定しておりますので、準備の都合上、1月14日(火)までに、世話人宛て電子メールでお申し込みください。

<世話人連絡先>
〒305-8565 茨城県つくば市東1-1 第5-2 産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 有村 隆志 E-mail: takashi-arimura[at]aist.go.jp

「分子ロボティクス」新学術領域全体会議・研究会

「分子ロボティクス」新学術領域全体会議・研究会のお知らせ(2014/3/14-16)

分子ロボティクス研究会および新学術領域「分子ロボティクス」班員の皆様:

日頃から分子ロボティクスの研究にご尽力いただき,ありがとうございます.
いつもお世話になっています,東北大の野村です.
さて,来年3月に予定しております「分子ロボティクス」新学術領域全体会議(合宿形式)
および分子ロボティクス研究会のアナウンスをさせていただきます.
学生を主体としたポスターセッション,学生賞なども企画中ですので,
ぜひぜひ,みなさま奮ってご参加ください.

日程:3月14日(金)~3月16(日)(3日間)
初日 午後:領域会議(新学術班員限定)
2日目 午前・午後:領域会議(新学術班員限定)
3日目 午前~15:00(予定):分子ロボティクス研究会(一般公開)
※プログラムは現在,鋭意企画中です.

場所:宮城県 モンタナリゾート岩沼
アクセス:仙台空港から25分、東北本線・常磐線の岩沼駅から15分、仙台駅から50分
※送迎バスにより仙台空港,仙台駅,岩沼駅往復の送迎をいたします.

費用:3万円弱程度(全日程参加の場合)、学生割引を検討中.
同じ敷地内にグリーンピア岩沼の保有する様々なレクリエーション施設があります.
テニス・フットサル・卓球・プール等が非常に安い料金で利用が可能です.

アンケート(申し込みフォーム)はこちらから↓
お名前、ご所属、スケジュール等ご記入の上、「申し込みます(submit)」ボタンを
クリックしてください。「送信されました」の確認メッセージは
画面の一番下に表示されます。

 

齊藤博英先生の「RNAインバータ」論文がメディア等で紹介されました(2013年9月3日付)

人工RNAスイッチ拡張技術の開発に成功
~遺伝子発現の次世代制御技術に向けて~

詳細につきましては下記のURLをご参照下さい。

「分子ロボティクス」公開シンポジウム

10/29-10/31CBI学会2013年大会におきまして、
新学術領域「分子ロボティクス」の公開シンポジウムが開催されます。
http://cbi-society.org/taikai/taikai13/program.html

分子ロボットの公開シンポジウムの参加費は無料で誰でも参加できます。
又、学生の方も参加できます。

つきましては、ネームプレート及び参加者リストを事前に準備致しますので、
公開シンポジウムへ参加予定の皆様は、大変お手数ではございますが、
下記のフォームよりお申し込みをお願いいたします。

「分子ロボティクス」公開シンポジウ

Program

Dec. 29th (Tue) 14:00 – 15:30 Gel-based Molecular Robotics

Hiroshi Morita, Hiroshi Morita, Yusuke Hara:
Modeling and Simulation of self oscillating gel – toward a molecular gel robot

Hitoyuki Mayama, Yusuke Hara:
Spatio-temporal change of BZ gel

Ibuki Kawamata, Satoshi Murata, Masami Hagiya:
Toward Spatial and Temporal Gel-Sol Transition of Hydrogel Driven by DNA Hybridization Reaction

Jin Gong, Takahiro Hazama, Masanori Arai, Shota Murata, Yosuke Watanabe, Masato Makino, M. Hasnat Kavir, Hidemitsu Furukawa:
Smart Lenses Created with Transparent Shape Memory Gels

Dec. 29th (Tue) 16:00 – 17:30 Molecular Control Theory and Practice

Tamiki Umeda:
Numerical Studies of Protein-induced Shape Changes of Liposomes

Fukuhito Ooshita, Shusuke Takatsu, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa:
Simple Local-information-based Self-optimizing Algorithms in Grid Networks

Takashi Nakakuki, Jun-ichi Imura:
A study on controller structure of biochemical reaction networks

Naohiko Shimada, Wei Song, Atsushi Maruyama:
Acceleration of DNA strand exchange reaction by cationic comb-type copolymers

Dec. 31st (Thu) 10:00 – 11:30 DNA and Lipid-based Molecular Robotics

Masato Ikeda:
Heat-induced Morphological Transformation of Supramolecular Nanostructures

Yuno Natsume, Taro Toyota:
Construction of Giant Vesicle Containing Microspheres at High Volume Fraction and Its Transformation

Takashi Nukada, Koh-ichiroh Shohda, Akira Suyama:
Dynamic biomolecular computing system for artificial genetic network

Yuexing Han, Hara Akito, Akinori Kuzuya, Ryosuke Watanabe, Yuichi Ohya, Akihiko Konagaya:
Towards an Automatic Recognition of DNA Nanostructures on AFM Images

細胞と創る研究会 6.0

細胞と創る研究会6.0が新学術「分子ロボティクス」の共催で開催されます.

日時 11 月 14 日(木)~ 15 日(金)
場所 慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパス

共催に関連するセッションは,

11月15日セッション V 
「細胞のような自律運動機能を用意する」 オーガナイザ:瀧ノ上正浩(東京工業大学)

です.講演者は,以下の先生方を予定しております.

多田隈尚史 東京大学
原雄介 産総研
澤井哲 東京大学

  • ハイライト

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • Twitter

  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2013年10月
    « 9月   11月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • その他