福岡工業大学エレクトロニクス研究所特別講演会 「分子ロボットとゲルマテリアル」(2013年2月2日)

科研費新学術領域「分子ロボティクス」は、化学、物理、生命科学、材料科学、情報科学、制御工学などの多くの分野を横断する領域です。近年、分子機械としての生物のしくみが明らかになり、合成高分子や核酸などを素材として、複雑な分子機械を製作することが可能になってきています。これらの分子部品・分子デバイスを統合し、より高度な機能をもつ「システム」を構築する技術が分子ロボティクスです。
本講演会では、関連分野の講師をお招きし、ゲルマテリアルと分子ロボティクスとの関連について議論を深めます。

 

主 催:
分子ロボティクス研究会
共 催:
福岡工業大学エレクトロニクス研究所
協 賛:
日本化学会、日本液晶学会、高分子学会、日本化学会低次元系光機能材料研究会
会 期:
2013年2月2日(土)10時30分~16時30分
参加登録費:
無料
懇親会:
2/2(土)16:40から、福岡工業大学内のレストラン「オアシス」にて。会費4000円
参加登録予約申込締切:
2013年1月28日(月)

 

参加登録予約申込

申込先/問合先:
福岡工業大学工学部生命環境科学科・宮元展義、
811-0295 福岡県福岡市東区和白東3-30-1、電話(092)606-3977、
E-mail: miyamoto@fit.ac.jp

会 場:
福岡工業大学C棟(〒811-0295福岡県福岡市東区和白東3-30-1)
〔交通〕JR鹿児島本線福工大前駅(博多から小倉方面へ10分程度。快速停車。)
から徒歩3分。
(交通案内はこちらをご参照下さい)

 

<プログラム>

 

10:30 分子ロボティクスへのご招待(東北大)村田 智
10:50 特別講演:人工筋肉―次世代ソフト・ウエットエンジンを目指して―(理研)長田 義仁
11:50 昼食
13:00 招待講演:光機能液晶高分子の配向制御とソフトマターメカニクスへの展開(東工大)宍戸 厚
13:40 生体分子モーターを動力源とするアメーバ型分子ロボットの開発(北大)角五 彰
14:00 休憩
14:15 特別講演:自励振動高分子ゲルの創製(東大)吉田 亮
15:15 休憩
15:30 招待講演:分子配向とマクロ変形のカップリングが生む液晶エラストマー・液晶ゲルの新奇な刺激応答特性(京大)浦山 健治
16:10 無機液晶を利用した分子ロボット用異方性ゲル素材の開発(福岡工大)宮元 展義
16:40-18:40 懇親会

国際生体分子デザインコンペティション成果報告会の開催

科学研究費補助金 新学術領域「分子ロボティクス」(代表萩谷昌己東大教授)では,国際生体分子デザインコンペティション(BIOMOD2012)への参加学生を支援しています.11月3日に米国ボストンのハーバード大学で行われた第2回本大会では,東北大チームが総合優勝するなど,日本勢が大健闘しました.このたび,今回の成果報告会を,下記の通り開催させていただきます.
 日本から参加したチームの学生代表による報告と質疑応答を予定しております.
ご多用の中とは存じますが,ぜひご来場いただければ幸いです.一同お待ちしております.
日 時 11月22日(木)1500-
場 所 新学術領域「分子ロボティクス」田町オフィス
東京工業大学 田町キャンパス(田町キャンパスイノベーションセンタ(CIC))
         5階505号室   http://www.cictokyo.jp/

新学術「分子ロボティクス」
広報担当 小長谷明彦(東京工業大学)
事務担当 村田 智(東北大学)

>SSI2012 において本領域のセッションを開催

SSI2012(ウィルあいち 愛知県女性総合センター)において本領域のセッションを11月23日に開催します.

第51回分子生物情報研究会にて本領域の研究会(2012年11月15日)

第51回分子生物情報研究会(11月15日@慶応大学)において「分子ロボットが目指すべき知能とは何か?」というテーマで研究会を開催します.

BIOMOD2012本大会で,日本の学生チームが大健闘!

BIOMOD2012本大会で,日本の学生チームが,総合優勝 東北大学,総合3位 東京工業大学のほか,日本勢は各部門で10個の賞を取るなど圧倒的な強さを見せました.

生命医薬情報学連合大会でのワークショップ開催(2012年10月15日)

日時:2012年10月15日(月) 14:00 ~
場所:タワーホール船堀

生命医薬情報連合大会において分子ロボティクス関連のワークショップを開催します.

キックオフミーティング(2012年9月10日)

日時:2012 年 9 月 10 日(月)
場所:東京大学(本郷) 伊藤国際学術研究センター

新学術領域「分子ロボティクス」のキックオフミーティングを以下の要領で開催します.

1400 開会 司会 村田智(東北大学)

1400-1410 領域代表挨拶 萩谷昌己 (東京大学)

1410-1430 Milan Stojanovic 博士(コロンビア大学) 特別講演
「Two Very Different Approaches to Molecular Robotics:
    From Harnessing Random Walk to Assessing Cell Surfaces」

1430-1550 各班代表からプロジェクト内容紹介とメンバー自己紹介(20分×4)

A01 感覚班 — 代表 齊藤博英 (京都大学)
  課題名「核酸ナノ構造を活用した多元分子情報変換デバイスの創成」

B01 知能班 — 代表 小林聡 (電気通信大学)
  課題名「知能分子ロボット実現に向けた化学反応回路の設計と構築」

C01 アメーバ班 — 代表 小長谷明彦 (東京工業大学)
  課題名「アメーバ型分子ロボット実現のための要素技術開発とその統合」

D01 スライム班 — 代表 萩谷昌己 (東京大学)
  課題名「構造化ゲルと化学反応場の協働による運動創発」

1550-1620 総括班評価者の先生方からのお言葉

浜地格先生(京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻 教授)

大和雅之先生(東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 教授)

藤井輝夫先生(東京大学 生産技術研究所 教授)

1620-1630 各種お知らせ(今後の予定,公募研究など) 村田智(東北大学)

閉会の辞  小長谷明彦(東京工業大学)

国際生体分子デザインコンペティション 2012(BIOMOD 2012) 国内大会の開催

日時: 2012 年 9 月 9 日(日) 
場所:東京大学
International Biomolecular Design Competition 2012 (BIOMOD 2012) に参加する日本の学生 チームの国内大会を行います.
Milan Stojanovic 博士(コロンビア大学)の以下の特別講演も予定されています。
   「Early experiments towards molecular robotics:
     Story of three plus generations of MAYA automata」

  • 分子ロボット倫理

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2013年1月
    « 11月   3月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • その他