新学術「分子ロボティクス」 公募研究 について

2014年9月28日

新学術「分子ロボティクス」公募研究 について
Call for Proposal Grant-in-Aid for Innovative Areas: Molecular Robotics

公募研究の詳細は以下の通りです。
Details of CFP are as follows.

・研究期間 2015-6年度 2年間(1年間の研究は不可)。
Period of research: FY2015-6, 2 years only (1 year research will be rejected.)

・予算規模 単年度当たり150万円または300万円を上限とする。
Size of budget: 1,500,000 JPY or 3,000,000 JPY per year
予算規模は研究内容により選択してください。また、研究分担者を置くことはできません。
Choose either size depending on your research content. The research must be executed by 1 person.

・締切 他の科研費と同じです。
Deadline: Same as other KAKENHI

・研究項目ごとのキーワードは以下のとおりです。
Keywords for each research team are as follows.
不明の点は各計画班代表にお問い合わせください。
Please contact corresponding team leader for the details.
各研究項目とも、若手研究者からの積極的な応募を期待します。
For each team, we expect application from young investigators.

◆A01 分子ロボットの感覚
Team A01/ Sensor for molecular robot
キーワード:生体分子ナノ構造、微量シグナル検出・増幅、生化学反応ネットワーク、分子操作、プログラムアセンブリー等。
Keywords: Biomolecular nanostructures, high-resolution signal detection/amplification, biochemical reaction network, molecular manipulation, programmed assembly and etc.
コンタクト 齋藤博英(京都大学) hirohide.saito(at)cira.kyoto-u.ac.jp
Contact : Hirohide Saito (Kyoto U)

◆A02 分子ロボットの知能
Team A02/ Intelligence for molecular robot
キーワード:機能性生体高分子、核酸化学、分子反応回路の高性能化、分子ロボットの制御・計算理論、自律分散システム、非線形システムの解析と設計等。
Keywords: Functional biopolymers, nucleic acid chemistry, improvement of molecular reaction network, control/computational theory for molecular robotics, distributed autonomous systems, analysis and synthesis (design) of nonlinear systems and etc.
コンタクト 小林 聡(電気通信大学) kobayashi.satoshi(at)uec.ac.jp
Contact: Satoshi Kobayashi (ECU)

◆A03 アメーバ型分子ロボットのシステム構築
Team A03/ Development of Amoeba-type molecular robot
キーワード:多機能性リポソーム、分子アクチュエータ、粗視化モデリング/シミュレーション、可視化システム、分子ロボットの医薬学応用等。
Keywords: Multifunctional liposomes, molecular actuator, coarse-grained modeling/simulation, visualization system, pharmaceutical/medical application of molecular robots and etc.
コンタクト 小長谷明彦(東京工業大学) kona(at)dis.titech.ac.jp
Contact: Akihiko Konagaya (Tokyo Tech)

◆A04 スライム型分子ロボットのシステム構築
Team A04/ Development of Slime-type molecular robot
キーワード:ゲル/高分子、セルオートマトン、ハイブリッド制御/システム、時空間パターン生成の数理等。
Keywords: Gel/Polymer, cellular automata, hybrid control/hybrid systems, mathematics of spatio-temporal pattern generation and etc.
コンタクト 萩谷昌己(東京大学) hagiya(at)is.s.u-tokyo.ac.jp
Contact: Masami Hagiya (U Tokyo)

応募様式は下記からダウンロードできます。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1351562.htm
((2)継続の研究領域/2)公募研究の研究計画調書)

  • 分子ロボット倫理

  • Twitter

  • イベントリスト

    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2020年9月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • その他