タイムライン

細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNA ナノマシン」の構築

投稿日:2017/09/18

京都大学CiRA未来生命科学開拓部門、齊藤博英教授らのグループは、タンパク質と相互作用できるRNAからなる機能性ナノ構造体、「RNAナノマシン」を構築し、 生きた細胞内でRNAナノマシンが機能して細胞の運命決定を操作でき […]

「細胞を創る」研究会10.0開催のお知らせ

投稿日:2017/09/11

「細胞を創る」研究会10.0開催のお知らせ 会期: 2017年10月19日(木)~20日(金) 会場: 京都教育文化センター(京都府京都市左京区聖護院川原町4−13) 「細胞を創る」研究会は,人工細胞研究・合成生物学・生 […]

TRフォーラムのお知らせ

投稿日:

第5回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会のお知らせ 国立研究開発法人日本医療研究開発機構「革新的医療技術創出拠点プロジェクト」のもと,九州大学は西日本地域の拠点として学内外の橋渡し研究を支援する体制を整え […]

BIOMOD2017 Japan 結果

投稿日:2017/09/05

今年も、学生チームによるレベルの高い熱いプレゼンテーション(英語)が繰り広げられました。 結果は下記のとおりです。 1位 東京大学 Team UT-Komaba (DNAnet) 2位 東北大学 Team Sendai […]

BIOMOD JAPAN 2017 開催のお知らせ(プログラムupしました)

投稿日:2017/08/21

大阪大学と分子ロボティクス研究会は,BIOMOD JAPAN2017を開催します. これはサンフランシスコで開かれるBIOMODジャンボリーでの発表練習をしたいチーム,メンターから意見をもらってプロジェクトをブラッシュア […]

分子ロボティクス研究会からのアナウンス

投稿日:2017/08/10

SSI2017 セッション企画の募集のお知らせ 例年、計測自動制御学会(SICE)の部門大会でGeneral Session (GS) を企画しています。(分子ロボティクス研究会はSICE配下の委員会です) ・会議名:S […]

合同シンポジウム開催、科学新聞で紹介されました

投稿日:2017/07/12

5月27日、東京工業大学とロンドン芸術大学セントラル・セント・マーティン校(CSM)が渋谷ヒカリエにて合同シンポジウム「科学・アート・デザインの実験」を開催いたしました。 分子ロボティクスからは、東工大小長谷明彦教授が登 […]

新学術領域「分子ロボティクス」最終公開シンポジウム(参加受付中)

投稿日:2017/06/07

7/15(土)東京大学伊藤国際学術研究センター(本郷)にて5年間の成果を発表する「最終公開シンポジウム」を開催いたします. 平成24年にスタートしました,新学術領域「分子ロボティクス」はおかげさまで5年間の研究期間を無事 […]

東京農工大学川野研、東京工業大学瀧ノ上研の共同研究の成果が、ACS Synthetic Biology誌に掲載されました

投稿日:2017/05/17

DNA分子を用いて計算を行うDNAコンピューティングの計算結果である出力分子をナノポアと呼ばれるチャネル型の膜タンパク質により、電気情報として検出することに成功しました。分子の情報を電気情報に変換可能なことから、分子ロボ […]

瀧ノ上准教授(東京工業大学) 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞

投稿日:2017/04/19

感覚班の瀧ノ上正浩准教授(東京工業大学情報理工学院)が、科学技術分野で顕著な功績があったとして、「人工細胞構築の生物物理に関するナノマイクロシステムの研究」において、科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しま […]

  • ハイライト

  • イベントリスト

    9月2日(土)
    BIOMOD JAPAN2017
    終了したイベント一覧はこちら
  • 論文・書籍情報

  • ニュースレター

    News Letter No.21
    過去のニュースレター一覧は こちら
  • Twitter

  • タグクラウド

  • 過去記事カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • その他